FC2ブログ
ご訪問ありがとうございます。パソコンを使っていて試行錯誤したことを記載した備忘録です。
ロータスシンフォニーをダウンロードするときにID登録をします。何かの理由でIDを削除したいときにはどうすればよいのでしょうか。

IBMのホームページを見てもID削除の項目は見つかりませんでした。それでヘルプデスクへメールをすることにしました。メールにIDを削除したいということを英語で書いて送りました。

 そうしましたら確認のメールが英語できました。IBMのIDはメールアドレスですので本当にその本人からのメールなのかを確認するためだと思いました。

そしてそのメールにまたID削除お願いしますと書いて返信しました。そうしましたらまた向こうからIDを削除しましたというメールが来ました。

 日本語で送れるメールアドレスがあればよいのですが、日本にあるヘルプデスクは電話対応のみのようでメールアドレスの記載はありませんでした。

日本のヘルプデスクへ電話をかけてみたのですが話中でした。(その後何度か電話したのですが) ヘルプデスクのメールアドレスはIBMのホームページにログインして My IBM profile ページ左にあるメニュー Help desk を押していただければ一覧表が表示されます。

私はその中の下から2番目 North America の中の All other countries のメールアドレスに出しま した。

ERCHELP@ca.ibm.com です。

私のときはつながらなかった日本のヘルプデスクの電話番号は 0120 095090 です。
スポンサーサイト




【2008/03/15 13:31】 | ロータスシンフォニーのインストール
トラックバック(0) |
最終日、第4時限目です。この時間はロータスシンフォニーのセットアップの進み方を画像を多く取り入れて見ていきたいと思います。
前の3時限目には、マイコンピューター→エクスプロラーでC:ドライブの中を見ました。 その中にある、DownloadDirecterのフォルダを探してダブルクリックで開きました。

  開くと二つのファイルがあるのが確認できました。  そのうちの一つIBM_Lotus_symphony_w32.exeのファイルをダブルクリックしました。  そうするとMS-DOSの黒い画面が現れました。  しばらく待つと3つのファイルが画面上に新たに現れました。  そして、その中のsetup.exeをダブルクリックしてセットアップがスタートしました。 

ここまでは前回のおさらいです。

あとは指示どおりにすすめていくだけです

 Welcome to IBM Lotus Symphony と書いてあるインストール最初の画面です。NEXTを押します。
Installation_Wizard_for_IBM_Lotus_Symphony001


 Software License Agreement と書かれている画面です。
二つある選択肢のうちの上の I agree the terms in the license agreement を選びます。そしてNEXTを押します。
Installation_Wizard_for_IBM_Lotus_Symphony002


 To install in this location... の画面です。インストールする場所を指定できます。ここは何も指定しないでそのままで良いと思います。自分の好きな場所に変えていただいてもかまいません。 NEXTを押します。
Installation_Wizard_for_IBM_Lotus_Symphony003


IBM Lotus Symphony is ready to install の画面です。  Install を押してインストールを始めましょう。
Installation_Wizard_for_IBM_Lotus_Symphony004


インストールが始まりました。結構時間がかかります。 セットアップが終了すると IBM Lotus Symphony Install Complete の画面が出ます。   
Installation_Wizard_for_IBM_Lotus_Symphony005


 その画面には選択肢が4つあります。上から
○ロータスシンフォニー・ドキュメント(ワープロ)を開く
○ロータスシンフォニー・プレゼンテーション(会議説明資料作成)を開く
○ロータスシンフォニー・スプレッドシート(表計算)を開く
○後で使うので今は終了する どんなものか今すぐ使ってみたいですね。

ご希望のものを起動させてみてください。それでは長い間お疲れ様でした。予定より1時限オーバーしてしまいました。4時限もの間お付き合いくださいましてありがとうございました。皆様がすばらしいロータスシンフォニー生活を送られますことをお祈り申し上げます。
  にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

【2008/03/15 13:26】 | ロータスシンフォニーのインストール
トラックバック(0) |
さて3時限目はインストール編です。実はここからが私が手間取ったところです。

ダウンロードが100%になってから小さく表示されている画面の Setup を押してもうんともすんとも言いません。 仕方なくデスクトップに出現したアイコン Setup.exe を押したのですが、途中でエラーが出てしまいます。そしてインストールも途中で終わってしまいました。

 何の問題もなくインストールできた方はこの記事は参考になりませんのでお読みにならないでください。ここからは私と同じようにインストール方法がわからない場合のご説明をいたします。


まずはダウンロードのときに表示されていた子画面は閉じてしまいます。ダウンロードの状況を表していた下に4つのボタンが表示されている画面です。 (下記画面です)
dawnload directerの画面
これは閉じます。


そしてデスクトップに現れた3つのアイコンも無視します。3つのアイコンとは deploy 、 setup.exe 、そして updateSite.zip の3つです。これらもいりません。

★★★ここからが重要です★★★ 突然ではありますが マイコンピューター(Windows Vistaではコンピューター) を右クリックして エクスプロラー を押します。

ローカルディスク を押します。

画面右側にローカルディスクの中身が表示されますので、その中の DownloadDirector のフォルダをダブルクリックします。
マイコンピューターのエクスプロラー画面


そうしますとフォルダ内には dlmgr.pro というファイルと IBM_Lotus_Symphony_w32.exe の二つのファイルがあると思います。 そのうちの IBM_Lotus_Symphony_w32.exe をダブルクリックします。
C:\Download Directerの中のIBM_Lotus_Symphony_w32exeをダブルクリックします
 

すると真っ黒い画面が出てきてしばらく止まったようになりますが、そのまま待ちます。
MS-DOSの画面が出てきます


 しばらくすると、先ほどデスクトップにあったのと同じ名前のファイルとフォルダが3つ現れます。
C:\Download Directerの中のフォルダに新たに3つのファイルが現れます

あとはこの新たに現れた setup.exe をダブルクリックすればインストールが開始します。
SETUP_EXEをダブルクリックします

デスクトップにあった setup.exe を押した時には出たエラーメッセージも出ずに正常にインストールができるはずです。

【2008/03/15 13:09】 | ロータスシンフォニーのインストール
トラックバック(0) |
さて2時限目です。IBMのID取得まで後一歩です。続いて作業を進めます。

(2)英語で書かれている質問に答えます。小さな四角のチェックを付けるところが上下二つあります。 上の質問は FAXやメールでIBMからのお知らせを受け取りますか? という質問です。
受け取りたいならばチェックを付けます。
IBM registration step2-2


下の質問は 入力したデータを他の用途に使用しないで欲しいかどうかの質問です。使用してほしく無い場合はチェックを付けます。

 →Submit を押して次のページへ進みましょう。


(3)Thank you for registering with ibm.com... という画面が出ます。
→Continue を押してください。
IBM登録完了


そうしますと改めて Sign in の画面が出てきます。 IBMのIDとパスワードの入力欄が出ますので先ほど登録したIBMのIDとパスワードを入力します。 そして Submit を押します。


次のページは License のページです。使用承諾書に同意するかどうかを聞いていますので I agree にチェックをつけて →I confirm を押します。
IBM lotus Symphony License


ここまで来るだけでも長い道のりでした。いよいよダウンロードの画面にたどり着きました。後は画面下の小さな四角いチェックボックスにチェックして Download now を押してください。
dawnload now


そうしますと小さなウインドウが開きます。そしてすぐにウインドウズのセキュリティの警告画面が出てきます。  Internet Explorer - セキュリティの警告 画面です。
このソフトウェアを実行しますか と聞いていますので 実行する を押してください。
セキュリティの警告


ボタンを押してすぐに小さな画面が現れますが OK を押してください。
Install&setup


すぐにまた小さな画面が現れますがこちらにも OK を押してください。
create directory?
 


ダウンロードするファイルのサイズは約140メガバイトと大きいです。私の環境(ADSL)では10分弱かかりました。

【2008/03/14 18:52】 | ロータスシンフォニーのインストール
トラックバック(0) |
今回から3回に分けて(予定)IBMのロータスシンフォニーのダウンロードとインストールの方法について述べさせていただきたいと思います。

 インストールは英語のホームページですし、ダウンロードしてもうまくセットアップできない場合のためのガイドです。私も四苦八苦しました。ダウンロードしたものの、セットアップにも手間取りました。

デスクトップに3つほどアイコンが現れたのですがSetup.exeをダブルクリックしてもインストール中に何か変なメッセージが出てしまいインストールが途中で止まってしまうのです。 何度か試行錯誤して何とかインストールできましたのでその手順をご紹介させていただきます。


 最初のIBMのホームページからダウンロードするところから順を追ってご紹介させていただきます。

1:まず当然の事ながらIBM>Lotus Symphonyのホームページへアクセスします。 http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.jspa

右上にありますオレンジ色の Dawnload と書かれた長方形のボタンを押します。
ロータスシンフォニーのトップページ



2:次のページには4つほど選択肢があると思います。ここではWindows版をダウンロードしますので下の二つのうちのどちらでもかまいませんのでクリックします。
IBM Lotus Symphony Beta for Windows と記載されているところです。そして Continue→ を押して次のページへ行きます。
Windows版の方を選択



3:IBMのID登録がまだの方はここで登録しますのでページ下の方にあります register now をクリックしてください。 IBMのIDをお持ちの方は →Sign in をクリックします。 ここではIBMのIDをもっていないことを前提に説明いたします。
IBM ID register now


 (1) register now をクリックすると次のページでは何箇所か入力する所があります。
好きなIDやパスワード個人情報を入力します


 * IBM ID: ・・・IBMのIDを決めます。メールアドレスをIDとして登録します。IDは一度決めると変えることはできせん。

* Password: ・・・8文字以上の英数字で希望のパスワードを入力します。

* Verify password: ・・・もう一度同じパスワードを入力します。

 * Security question: ・・・秘密の質問です。ご自分しか知らない質問を記入します。

* Answer to security question: ・・・秘密の質問の答えを入力します。

 * First name: ・・・あなたの下の名前をローマ字で入れます。

* Last name: ・・・あなたの苗字をローマ字で入れます。

* Email: ・・・メールアドレスを入力します。

* Country/region of residence: ・・・住んでいる国を選びます。 Japan を選びます。

最後に小さな四角のチェックを付けるところがあります。あなたの情報を企業活動のために使ってもいいかどうかの質問です。使って欲しくないときはチェックを付けます
あなたの情報をIBMの企業活動のために使ってよいか という質問

これで全部質問に答えました。 Submitをクリックします。


登録完了の画面です。これでIBM会員になりました。  →Continue をクリックして次のページへ行きましょう。
IBM登録完了

【2008/03/13 19:44】 | ロータスシンフォニーのインストール
トラックバック(1) |


悪七兵衛景清
 こんにちは。先日は当Blogにコメント有難うございました。当方、最近はあまりパソコンを使わないところに居りますが、いつまたパソコンの技能が必要とされるところで働かなくてはならなくなるか分かりません。よかったら情報交換等させてください。


コメントを閉じる▲