FC2ブログ
ご訪問ありがとうございます。パソコンを使っていて試行錯誤したことを記載した備忘録です。
私最初はかなり気楽に考えていました。何をといいますとUSAboxの開設をです。

アメリカ大使館にもちょっとその辺に散歩に行くような格好でひげもそらずに行ってしまったりしました。

そのときは、時間外で結局手続きできずにかえってきましたが。


それから意識を変えましてひとつのプロジェクトとして考えました。USAbox開設プロジェクトですね。

もう何と言いますか、USAboxを使って何かするというよりもUSAboxを開設すること自体に意義があるというような感じでとにかく何が何でもUSAboxを開設するのだ…というような気持ちでした。ですから途中何度か挫折しそうになったわけです。「USAboxなんて私に本当に必要?」とか考えたりするわけです。

そのときにはとにかく開設することに意義があると突っ走りました。

プロジェクトと呼ぶにふさわしく、私にとっては一大イベントになりました。まずアメリカ大使館に行く服装からスタートして浅草まで行って靴を買いました。(普段は自分の居住地の区外に出ることもまれです)

その割にはパスポートの写真は依然撮った写真の残りだったりしましたが。

アメリカ大使館に持っていく荷物は最小限にしました。セキュリティチェックがあるからです。100円ショップでA4版の半透明クリアフォルダ(チャック付きの)を購入して書類とお金(ドル)とパスポートを入れて持っていき、かばんは持ちませんでした。

格好はもちろんスーツにネクタイです。


なにかこう言い表すのは難しいのですが、私にとってのUSAbox開設は、アメリカに旅行するときの準備のようなワクワク感のあるプロジェクトでした。

たかがUSAbox、されどUSAboxです。

usabox-com-top.jpg

USAbox.com
スポンサーサイト




【2008/11/10 01:53】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
USAboxのQ&Aより取り上げてみたいと思います。

ダイレクトメール1通でもボックス内にあると宅配便で送られてくる?

はい。1通でもあると発送の初期レートがかかります。例えばBasicプランの場合の初期レートは$35.95です。手紙1通だからといって1通分の値段にはなりません。
USAboxはOnly Mailという手紙専用のプランがるので手紙だけを扱う方はそのプランにすると初期レートは安くなります。($17.99/1ポンド約500グラム)



USAboxの住所はどんな住所になるの?

USAboxの住所は下記のようになります

Your Name
8345 NW 66TH ST #[Your PMB]
MIAMI FL 33166

[Your PMB] のところには4桁のあなた専用の私書箱番号のようなものが入ります。
見た目には集合住宅のような記述のようです。



USAboxのメールボックスはアメリカのどこにあるの?

フロリダ州のマイアミにあります。


メールボックスにはどのくらいの期間荷物や手紙をためておけるの?

Basicプランの場合は60日間、そのほかのプランは6ヶ月間の間貯めておくことができます。それを過ぎると強制的に日本へ郵送されます。


USAboxを解約するときはどうするの?

コンタクトフォームより解約の旨をUSAboxに伝えます。コンタクトフォームは下記アドレスです。
http://www.usabox.com/contact.asp

【2008/11/08 23:28】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
USPS1583は手書きで書く方法とパソコンのフォームに住所や氏名を入れていくだけで作成できる方法があります。

今回私はフォームに入力して自動作成してくれるほうでやりましたので、そちらで説明させていただきます。


さて、実際にフォームに記入していきます。まずはフォームのページへアクセスします。
http://www.usabox.com/requirements.asp
アドレスをクリックすると以下の写真のようなリンクが3つあるページへと行きます。
USAbox-001
一番下のリンクをクリックします。

クリックすると下のようなページへ行きます。
USAbox-002

実際に記入した例は以下画像です。
USAbox-003

この例では私の住所を仮に
********************
〒136-0076
東京都江東区南砂9-3-12
西村荘501
********************
として仮定してあります。

USAbox-004


USAbox-005


USAbox-006


USAbox-007


USAbox-008


USAbox-009


これより下の欄は法人申し込みの際に記入するところのようです。個人で申し込む場合には入力の必要はありません。

入力しましたら、ページの一番下にあるボタンUSAbox-010を押します。
USAbox-011


そうすると、今入力した事項が入ったUSPS1583フォームが画面に現れます。
USAbox-012

これを2部印刷して完成です。日付は印刷してから手書きで書き加えます。

< USAboxを開設する[6]USPS1583の発送 |

【2008/10/29 21:18】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
さあ、いよいよUSPS1583の書類が整いました。そうしますと発送です。必要書類をA4の茶封筒に入れて発送です。

必要書類は

(1)USPS1583が2通

(2)USPS1583に番号を記載した身分証明書のコピー 1通ずつ2種類

以上です。

ポイントはUSPS1583は2通分入れますが、身分証明書のコピーは各1通でよい点です。(合計2枚)


私は、EMS(国際スピード郵便)で送りました。1200円かかりました。

普通のエアーメールでも大丈夫です。普通のエアーメールの場合は50グラム以下で260円で送れます。

私も最初は普通のエアーメールで送ろうと思っていたのですが、やっと出来上がった書類を見ていたら我が子のようにいとおしくなりまして、つい過保護にも追跡サービス付きのEMSで送ってしまった次第です。
言うまでもなく、我が子が現在どこにあるのか毎日パソコンの追跡画面でチェックしておりました。

EMS(国際スピード郵便)の追跡画面


USAboxに書類が到着するとすぐにUSAboxからメールが送られてきます。

内容は「(書類が到着したので)あなたの郵便受けは有効になりました。今度は以前あなたのクレジットカードに請求した金額の数字ををメールで知らせてください。」という感じです。

これはクレジットカードが本人のものかどうかを確認するための作業のようです。


ちなみに実際のメールはこんな感じです。(以下)

--------(ここから)--------

Dear Mr(s).Kazushi ****

We have received your documents and your account is: Active.

We now need to verify your credit card.

When you opened your account with usabox.com, we charged your credit card for a random amount lower that the setup fee.

Please call your credit card issuing bank to find out what the exact amount of this charge was. (If you use online banking, you can also check your credit card statement online).

Please reply to this email with the exact amount of this charge in U.S. Dollars.

This process confirms that you are the owner of this credit card because only you have access to the charges made to your account. This important security measure increases the safety of our mailbox system.

We will email you a reminder to check with your credit card in 2-3 days.

You can print this page for future reference.

info@usabox.com

--------(ここまで)--------

私は、このメールにクレジットカードに請求された金額を書き、返信しました。

--------(ここから)--------

Dear USAbox, inc
Thank you for sending me a mail tells me my account is active. I`m so glad!
And I would like to answer to your question about charged amount of my
credit card.
The amount was 34.97 USD.
Have a nice day! (although here in Japan is midnight now. Time to sleep...)
Thank you.
10/26/2008 3:02am
Kazushi ****

--------(ここまで)---------

果たして正確な英語かどうか非常に怪しいのですが。とにもかくにも返信しました。

そうすると再びUSAboxからメールが来ます。

---------(ここから)---------

Dear Kazushi ****,

Your account has been verified.

support@usabox.com

---------(ここまで)---------

どうやら承認されたようです。これでアカウントは使えるようになったようで2週間の苦労は報われたようです。

< USAboxを開設する[5]公証の手続き | USAboxを開設する[7]USPS1583の書き方 >

【2008/10/26 01:46】 | USAbox開設
トラックバック(0) |


突然ですが、回答願います。
同じくUSPS1583を他社から提出するように求められている者です。
提出する身分証明書は、パスポートじゃなあいと駄目でしょうか?
日本の運転免許証じゃ無理なんでしょうか?

Re: タイトルなし
kazushi
大変遅くなり申し訳ありません。
アメリカ大使館の場合はパスポートの提示を求められます。運転免許書ではだめなようです。

> 同じくUSPS1583を他社から提出するように求められている者です。
> 提出する身分証明書は、パスポートじゃなあいと駄目でしょうか?
> 日本の運転免許証じゃ無理なんでしょうか?


Re: タイトルなし
kazushi
http://tokyo.usembassy.gov/j/acs/tacsj-notary.html
アメリカ大使館の公証に関するページのURLです。
日本の身分証明書は名前がローマ字表記されていないのでお断りする場合があります。できる限り有効なパスポートをお持ちください。ローマ字表記のある身分証明書をお持ちいただかない限り、公証をお断りする場合があります。
との記載があります。コピペではないので正確な内容はサイトをご覧ください。
身分証明書は2箇所で必要です。(つまりパスポート)
一回目はアメリカ大使館にはいるとき、ゲートで見せます。
2回目は実際に公証の手続きをするときです。係官が日本人とは限らず、日本語を解するとは限りません。私が行ったときは窓口3つのうち、たしか一つだけ日本語を理解する人のようでした。運良くその窓口に呼ばれれば、もしかすると大丈夫なのかもしれません。私が行ったときにはすいていた様子でしたが混んでくるといちいち日本人スタッフを読んでというわけにも行かないでしょうから断られる可能性が高いのではないでしょうか。ホームページにも絶対にだめとは書いていないので、運がよければOKかもしれません。でもできればパスポートを作った方がよいのではないかと私は思います。

コメントを閉じる▲
今日はアメリカ大使館での公証の手続きについて書かせていただきたしと思います。

公証は市町村の公証人役場でもできるのですが、費用が高いのでアメリカ大使館に行ってきました。こんな機会でもないとアメリカ大使館には一生行くことはないというのも理由です。

必須アイテムといえるのはパスポートです。日本の施設ではないことを改めて思い知りました。セキュリティ(門前)でも、中の窓口でも提出を求められます。

個人的な感想ですが、パスポートなしで大使館で公証を受けるのはかなり厳しいのではないでしょうか。


公証の手続き自体はそんなに手間も時間もかかるものではありませんでした。窓口に行って公証したい書類とパスポートを出すと支払いの紙を渡されて、会計へいき料金を支払ってレシートをもらいます。

そのレシートを再び窓口に出してしばらく待っていると、また呼ばれて先ほど提出した書類のサイン欄に英語でサインするように求められます。

サインをしてまたしばらく待つと、公証人がサインしてくれて書類を返してくれます。


とてもスムーズでした。

英語で話さないといけないのかな、と緊張していたのですがすべて日本語で大丈夫でした。ビジネスマン風の方は流暢な英語で話をされてましたが、私はすべて日本語でした。


< [4]パスポート受領  | USAboxを開設する[6]USPS1583の発送 >

【2008/10/22 16:26】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
本日、有楽町の交通会館でパスポートを受け取ってきました。新しいパスポートは赤い色のものでした。たしか20年前にもらったパスポートも赤い色でしたが大きさが新書版サイズくらいはあったと思います。



今回のは文庫本くらいです。パスポートの中央ページ付近に厚紙があってそこにICチップがあるようで、偽造防止のために名前や生年月日から顔写真のデータなどが入っているのだそうです。

そういえば、映画「ターミナル」では入国審査のときに係りの人がパスポートを機械にかざして読み取っていましたが、あれはこのICチップを読み取っていたのですね。ようやく事情がわかりました。文字を読み取っているのとばかり思っていました。


パスポート受領の窓口はお昼前ということもあってかぜんぜん込んでいませんでした。カウンターへ行くとまず、印紙を貼ってきてくださいといわれました。前回のブログ「パスポートの申請」で書き忘れたのですが、お金は申し込みのときではなく、受領のときに払います。

印紙の売店へ行くと手際よく16,000円分の印紙を貼ってくれました。

それをもって、再びパスポート受領のカウンターへ行き、印紙を貼ったピンクの紙と家に送られてきた住所確認のはがきを出しました。ピンクの紙には署名する欄があり事前に署名しておきます。

5分も待たずに再び呼ばれました。

本人確認のために生年月日と氏名を聞かれるのでそれに答えると、画面にICチップの内容が出てきて間違いないか確認します。なんかずいぶん近代的になったものだと感心しました。なんか自分がSF映画に入ってしまったような気がしました。

これで飛行機代さえあればいつでもアメリカ合衆国へいけるようになったわけです。(アメリカに限りませんが)なんだかすごいのかすごくないのかわからないうちに、無事に受領したのでした。

パスポート

< USAboxを開設する[3]費用 | USAboxを開設する[5]公証の手続き >

【2008/10/17 14:42】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
USAboxを開設するにはいくらかかるのでしょうか。

まずは、USAbox自体の値段です。毎月の維持費がかからないBASICプランの場合は$35です。これは以前は$25だったようですが値上がりしたようです。ちなみにUSAboxの日本語の公式サイトUSAbox.jpには古い料金体系が載っております。最新の本家本元の英語版ホームページでは$35です。
USAboxo



BASICプランが最も下位のプランになっています。この料金がお徳かどうかはどのくらいの頻度でUSAboxを使うのかにもよります。BASICプランの場合には2ヶ月に一回は強制的にボックス内の郵便物を配送されますから、たった1通の手紙しか入ってなくとも発送の基本料金$35.95がかかります。

その他のプランである、プランA、プラン1、プラン2、Only Mailは6ヶ月間メールボックス内に保管しておくことができます。

USAboxのQ&Aより抜粋しました説明では、
10) How long can I hold mail in my mailbox?
In plan basic you may hold mail for up to 60 days. In all other plans with monthly fee you may hold mail for up to 6 months.


と書いてありこれをWEB翻訳サイトの『エキサイト翻訳』で訳してみたら
「10) どれくらい長い間、私は私のメールボックスの中にメールを保持してもよいですか?

プランでは、60日間まで基本的なあなたはメールを保持できます。 月額料金がある他のすべてのプランでは、6カ月まであなたはメールを保持できます。 」

という和訳が出てきました。


BASICプランの場合は、ゴミ箱に捨てる機能がないので、ジャンクメール(ダイレクトメールや広告メール)が入ってしまうとそれがわざわざ航空宅配便で送られてきます。

他の上位プランだとインターネット経由でゴミ箱に捨てることができます。(ジャンクメールを受け取らなくて済みます。)


この辺は、自分がどのくらいの頻度で使用するかを予想して決めなければならず難しいところです。ちなみに私は一番下位のBASICプランにしました。

とりあえずBASICで使ってみて、使用状況によっては上位プランに変更しようと思っています。上位プランへの変更は即時インターネットでできます。しかし、その逆は、3ヶ月たたないとできないからです。

24) Can I switch between different USAbox service plans?
You can switch service plans any time. However, to change to a lower fee plan you must remain in the current plan for at least three months


(24) 私は異なったUSAboxサービス計画を切り換えてもよいですか?
あなたはいつでもサービス計画を切り換えることができます。 しかしながら、低い料金プランに変化するように、あなたは少なくとも3カ月現在のプランに残らなければなりません。)



次にお金がかかるのが、公証の手続きです。

アメリカ大使館・領事館で行った場合には1枚目$30で2枚目は$20です。合計$50かかります。これは日本円でもドルでも支払いが可能だそうです。私は、銀行で50ドル分両替しました。


交渉の際の証明書としてパスポートを使用する場合、もし新たに取得するには10年の有効期間のもので16,000円です。5年物では11,000円かかります。すでに持っている場合にはこの費用はかかりません。パスポート申請の料金表


あとはここまで来れば、エアメールで送る郵便代です。A4の普通のコピー用紙4枚(USPS1583は1通につき2枚組みなので2通分)と身分証明書のコピー2種類、日本の一般的なA4封筒を利用した場合、エアメールで400円程(100グラムとして)。この場合には到着まで1週間前後かかるようです。

さらにスピードアップしたいときにはEMS(国際スピード郵便)というのもあるようです。こちらですと約4日でつくそうですが料金は1200円かかります。国内の宅配便のように追跡サービスがあるそうです。


私は正直迷っておりまして、追跡のあるEMSに使用かどうか考えてます。何せ5000円以上する書類ですし、迷子になってどっか行くてしまったら、またアメリカ大使館へ行かなければならず、それを考えると多少料金はかかっても…などとまた心配性が出てきてしまうのです。

でも、普通のエアメールでもだいじょうぶかな。そうしよう。そのときはそのときだ。すみません。やはり心配なので、EMS(国際スピード郵便)で送りました。


以上でかかる費用は大体出揃ったでしょうか。計算してみると最低でUSAbox利用料金の$35と公証手数料の$50、そして郵便代400円合わせて9000円くらいかかるようです。(1$=\103)


私の場合はパスポートを作ったりしましたのでプラス16,000円で25000円です。けっこうかかりますねぇ…

< USAbox開設への道のり[2]パスポート申請 | USAbox開設までの道のり[4]パスポート受領 >

【2008/10/12 22:18】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
USAboxを開設するには、USPS1583という書類をUSAbox社へ送らなければならず、その書類は公証という手続きを経なければならないとのことで、アメリカ大使館へ行ったのですが午前中しか受け付けておらず、帰って来ました。

公証というのはアメリカでは一般的とのことですが、私にとっては初めてのことです。そしてアメリカ大使館で公証を受けるにはできる限りパスポートが必要とアメリカ大使館のホームページには書いてありました。


参考にしました、USAbox開設のことを記載してくださったいろんな方が書かれたブログを読むとパスポートなしでも公証してもらえたということが書いてあります。ですから、ひょっとするとほかの証明書で間に合うのかもしれません。健康保険証や運転免許証などで公証してもらえたという記事も読みました。

しかし私はこの際なのでパスポートという私の日常生活ではとても必要とは思えないものを今回取得することにしました。学生のころ(およそ20年前)にアメリカへ旅行へ行くのに取得して以来のことです。

そのころは、まだ大きい赤いいろのパスポートでした。SONYのビデオカメラが「パスポートサイズ」といわれてCMで流れていたのを懐かしく思い出しました。

前置きが大変長くなり申し訳ありません。今回パスポート申請のために行きましたのは、有楽町にあります東京交通会館2階の受付窓口です。写真屋さんが2件入り口のところに向かい合って店舗を構えているのが印象的でした。(ちなみにこの写真屋さんの料金はカラーで1700円でした)

パスポート申請用紙は、有効期間が10年のものと、5年のものでは違いました。10年物は赤い用紙、5年物は青い用紙です。20歳未満の人は有効期間が5年のものしか申請できないのだそうです。


ここで初めてパスポートの申請用紙を見たわけですが、設問の中に「以前パスポートを取得したことはありますか?」というものがありました。そして「はい」にチェックをつけると次に、そのパスポートの番号を記載するようにという設問がありました。

私はパスポートを作ったのは20年も前ですから、もうどこにあるのかわかりません。もちろん番号もわかりません。係りの方に聞いてもよかったのですが、忙しそうだったので、家に帰って古いパスポートを探してみようと思い、その日はいったん帰ることにしました。


家の中をあちらこちらひっくり返しながら20年前のパスポートを探したのですが、その影すら見えません。ついでにいろんなごみを捨ててちょっと荷物が少なくなりました。

後日、仕方がないので古いパスポートを持たずに再び有楽町の東京交通会館へ行きました。

パスポートの申請用紙に再びはじめから記載して(前に記載したのは日付けを書いてしまったので使えませんでした)、写真を貼りました。このとき便利なのが両面テープです。パスポート申請の時には写真を貼るための両面テープを持っていくことをお勧めします。

申請する場所には両面テープはおろか、のりのようなものもおいてありません。写真屋さんでとってきて写真屋さんが両面テープをあらかじめ写真の裏に貼り付けくれれることを前提にしているのでしょうか。とにかく写真をどうやって申請用紙に貼り付けるかで途方にくれたのは前回(数日前)に来たときです。なので今回は家にあった両面テープ(カッターつき)を持っていきました。

他の申請に来た人で写真を貼れない人は、係りの人に言って貼ってもらっている人もいたようです。


少々要点がずれたような気がしますが、窓口で以前のパスポートを無くしたことを告げるとどのくらい前に取得したのかを聞かれて20年前と答えるとそれで大丈夫でした。

パスポートの申請作業は終わりました。できるのは1週間後だそうです。(正確には8日後でした)

[参照]
外務省のパスポートの申請から受領までのホームページです。


< USAbox開設までの道のり[1]アメリカ大使館へ行く | USAboxを開設する[3]費用 >

【2008/10/10 17:07】 | USAbox開設
トラックバック(0) |
USAboxを開設するにはUSPS1583という書類が必要で、提出する前に公証という公証人に確認してもらいサインをしてもらうことが必要なのだそうです。

今回私が行きましたのは、東京は赤坂にありますアメリカ大使館でした。結局この日は公証してもらうことはできませんでした。受付が午前中のみだったからです。私は知らずに午後行ってしまいました。時間帯は以前と変わってしまったようで、月曜から金曜までの午前中のみになったようです。アメリカや日本の祝祭日はお休みです。

ということでまた出直しすることになりました。


アメリカ大使館や領事館に行かずに公証してもらうには、お金はかかるけれど公証人役場というところにいっても手続きしてくれるそうです。公証人役場に行くと結構なお金がかかるようで、「日本公証人連合会のホームページ」を見てみると1通につき11000円と外国語の書類の追加料金が6000円かかるということです。2通必要なので単純に倍にすると34000円ということになりそうですがどうなのでしょう。2枚目からは割引料金とかあるのか不明です。


UPSP1583はアメリカの郵政公社に出す書類です。USAboxはアメリカに郵便ポストを持つサービスなのでこの書類が必要なのでしょう。

この書類の作成は、USAboxのホームページから行うことができます。フォームをプリントアウトして手書きでも可能ですし、パソコンの画面で必要事項を入力して【作成】ボタンを押して自動的に作ってくれる機能もあります。

それぞれのページへのリンクです。

USPS1583記入のマニュアル(英語)
http://www.usabox.com/instructions1583.asp

手書きでUSPS1583を書くときの印刷画面
http://www.usabox.com/1583_Auto_2004/ps1583.pdf

パソコンで必要事項を入力してUSPS1583を自動で作るページ
http://www.usabox.com/requirements.asp#


書き方につきましては私もまだ試行錯誤中なので提出してみてうまく言ったらブログに書かせていただきたいと思います。私が参考にさせていただいたサイトは「Oh! My UA!」さんのブログです。2年前に書かれた記事ですがフォームの書き方は変わっていないようですので参考になります。USAboxの料金表は若干違っているようです。現在のスタンダードプランの初期費用は35ドルに値上がりしていました。

そういったわけで、アメリカ大使館の受付までは行ったものの受付時間が午前中のみということで、受付してもらえなかったわけですけれども、帰ってきてアメリカ大使館の公証のホームページを見てみると、パスポートがない場合公証することができない場合があるというようなことが書いてありましてまたまた不安になったわけです。

以下抜粋です。『
必要書類・注意事項

政府発行の写真付き身分証明書として有効なパスポートをお持ち下さい。有効なパスポートがない場合には、政府発行の他の写真付き身分証明書が必要ですが、日本の身分証明書は、名前がローマ字表記されていませんので、できる限り有効なパスポートをお持ち下さい。名前のローマ字表記がない身分証明書をお持ちいただいた場合、ローマ字表記のある別の身分証明書をお持ちいただかない限り、公証をお断りする場合があります。
』(アメリカ大使館[Embassy of the United States Japan]ホームページより)

ということでパスポートの必要性が書かれています。

Oh My UA!さんのブログを見る限りでは、パスポートなしでもUSPS1583の書類を公証してもらえたということが書かれています。運転免許証と健康保険証で大丈夫だったとのことです。

おそらく公証してもらう書類の種類によってはパスポートが必要ということなのだと思いますが、Oh My UA!の記事が書かれた2年前と今では事情が変わったのかもしれません。(わかりませんが)


確かに、アメリカ大使館は日本国の施設ではないので書類を見るのは原則アメリカの方なのでしょうから、日本語で書かれている証明書では読めないということもあるのかもしれませんが。日本人の職員の方もいらっしゃるから日本語でもやってくれるとは思うのですが、アメリカ大使館を外国とみなせば、パスポートを持っていくというのは礼儀かなという気もします。
しかし、パスポートの必要性については私はまだ受付をしていないのでわかりません。

もしかするとパスポートはなしでも大丈夫なのかもしれません。一回チャレンジしてみればよいのでしょうが、私は1回受け付けてもらえなかった身なので、また言ってだめだとショックなのでパスポートを作ることにしました。

アメリカ大使館はとても気軽に何度も行けるような雰囲気ではなく、かなりの厳戒態勢で警察の方が警護されておられました。大変ピリピリとしていました。

USAbox開設への道のり[2]パスポート申請 >

【2008/10/09 15:46】 | USAbox開設
トラックバック(0) |