FC2ブログ
ご訪問ありがとうございます。パソコンを使っていて試行錯誤したことを記載した備忘録です。

さて、ウインドウズXPをフラッシュメモリーを仮想メモリに使用することで速くする検証も3回目になりました。

今回はウインドウズの起動時間テストです。電源ボタンを押してからウインドウズが起動するまでの時間を、フラッシュメモリーを仮想メモリにした場合と、そうでない場合で計測しました。

起動時間を計るためにCPU使用率を見るためのフリーのソフトAkabei Monitorを使用しました。

Akabei Monitor(CPU利用率を調べたツール)です

左の画像が「CPU利用率」を調べるのに使わせていただきましたフリーツールの「Akabei Monitor(アカベイ・モニター)」です。

 



計測はストップウォッチを使用して電源ボタンを押してから「ようこそ」のユーザー選択画面までと、ユーザーを選択してからCPU使用率が一桁台に落ち着くまでの時間を測定しました。

結果は以下表です。

フラッシュメモリあり「ようこそ」までの時間「ようこそ」から終了まで
1回目34秒292分21秒00
2回目35秒602分12秒56
3回目35秒812分08秒42
4回目35秒992分23秒78
平均35秒142分16秒44


フラッシュメモリなし「ようこそ」までの時間「ようこそ」から終了まで
1回目33秒152分10秒85
2回目33秒972分02秒19
3回目33秒981分56秒57
平均33秒702分02秒93



なんと、今回の結果も仮想メモリーをハードディスク上に置いたときのほうが、フラッシュメモリ上に置いたときよりも平均で14秒あまり早く起動するという結果が出ました。

果たしてフラッシュメモリーを仮想メモリにしても速くならないのでしょうか。体感速度の向上は気のせいなのでしょうか。さらに検証を続けてまいりたいと思います。

ところでなぜフラッシュメモリありのほうは4回調べていて、なしのほうは3回かといいますと、いろいろとトラブルに見舞われたからです。フラッシュメモリー上に仮想メモリーをおかない設定にしたはずなのに、再起動して確認したらフラッシュメモリー上にしっかりと仮想メモリーが作られていたり、

CPUの使用率を測定するためのツールAkabei Monitorが起動中に現れなかったりしました。この3回を測定終えるまでに1時間ほどかかっています。

何とかやっと測ったのでした。やはりハードディスク上に仮想メモリを置いた状態だと何かとトラブルが起こるので、私は実験の後、すかさずフラッシュメモリを仮想メモリーにする設定に戻します。

スポンサーサイト




【2008/07/13 00:09】 | フラッシュメモリでWindowsXPは速くなるのか
トラックバック(0) |

今回は、負荷をかけてベンチマークテストをやってみました。負荷といつも私がパソコンを使っている時に起動しているプログラムをいくつか起動させた状態のことです。

メールのサンダーバード、ブラウザのファイヤーフォックスとインターネットエクスプロラー、そしてYahooメッセンジャー、ハンゲームも起動しました。普段パソコンをやる時はパチスロのゲームをしながらやっています。そしてiTuneも起動して取り込んだ音楽を再生させています。

常駐しているソフトは、ウイルス関連とスカイプです。是だけのソフトを立ち上げた状態で測定してみました。

結果は以下の画像です。

負荷試験(フラッシュあり)フラッシュメモリなし
負荷試験(フラッシュメモリあり)負荷試験(フラッシュメモリなし)
  

今度はフラッシュメモリを仮想メモリに使った場合の方が総合診断では評価点が低くなってしまいました。

それでも誤差の範囲内ではあると思うのですが、果たしてフラッシュメモリを仮想メモリとして使っても速くはならないということなのでしょうか。

しかし、納得がいかないのは、実際に使っているとフラッシュメモリーを仮想メモリに使っている時の方がスムーズにプログラムが起動して動作も速く感じます。

今後も試験をしていきたいと思います。

以下はベンチマークの試験結果詳細です。

負荷試験テスト詳細(フラッシュメモリを仮想メモリとして使用した場合)フラッシュメモリを仮想メモリとして使用しない場合
ベンチマークテスト詳細(フラッシュあり)
ベンチマークテスト詳細(フラッシュなし)
  


【2008/07/11 12:44】 | フラッシュメモリでWindowsXPは速くなるのか
トラックバック(0) |
お詫び:この記事中に記載しておりました、リムーバブルストレージの開始設定は根拠が不明確なため削除させていただきました。大変後迷惑をおかけいたしまして申しわけありませんでした。



この記事では、USBメモリーなどのフラッシュメモリをコンピューターの一時的なデータ保存場所にして少ないメインメモリーでも速くなる方法について述べさせていただきます。


今回の記事でやろうとしていること
メインメモリーとはパソコンの中に内蔵されているメモリーのことです。メインメモリーが十分にある場合は今回の作業では速くはなりません。なぜならば、もうすでにメモリーの面では最速になっているからです。

私のパソコンは、メインメモリーが256Mb+128MBの合計384MBしかありません。そのためインターネットゲームやiTune(アイチューン)などの音楽プレーヤーを起動してしまうと極端に遅くなります。

この遅くなる原因は、メインメモリーに入りきらないデータがあふれ出し、ハードディスクへ一時的に書き込まれるからです。ハードディスクは動作が遅いので読み書きに時間がかかります。そのためパソコン全体のスピードが遅くなります。


今回やろうとしているのは、メインメモリーからあふれ出したデータをハードディスクではなく、USBメモリーなどのフラッシュメモリーに書き込むように設定しようということです。フラッシュメモリーはハードディスクよりも早いので読み書きの時間が短縮でき、結果的にパソコン全体の速度が上がります。


今回の作業の注意点
作業そのものに危険なことはありませんが一つだけ注意点があります。それは、フラッシュメモリの抜き差しについてです。今回の作業をした後は、フラッシュメモリーはいきなり抜かないでください。必ず、「リムーバブルディスクをはずす」作業を行ってから抜いてください。この作業は画面右下の「通知領域」と呼ばれる所の「
ハードウェアの安全な取り外し」アイコン
ハードウェアの安全な取り外しアイコン

から行います。



時に「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されていないことがあります。その場合はパソコンをシャットダウンしなければなりません。シャットダウンした後に抜いてください。以前私はアイコンが無かったのでそのまま抜いたら、次に差した時にフラッシュメモリのエラー警告が出てしまって修復に悪戦苦闘してしまいました。

「ハードウェアの安全な取り外し」作業をしないでいきなり抜くとフラッシュメモリーが次回から認識されなくなります。

ハードウェアの安全な取り外しメッセージこのメッセージが出てきたらフラッシュメモリーを抜くことができます



フラッシュメモリの必要な容量
USBメモリなどのフラッシュメモリは大きいに越したことは無いのですが、メインメモリの2倍から3倍の大きさは必要なのだそうです。(依然知人に聞いたのですが、参照記事を忘れました。すみません)

私のケースではメインメモリーは計384MBですから2倍で768MB、3倍で1152MBということになります。だいたい1GBのメモリーがあれば十分なのですが、今回は2GBのUSBメモリを使いました。(ちなみに種類はBaffaloのTurboUSB 型番:RUF-C2GS-BK/U2です。)このメモリは高速対応といううたい文句ですが必ずしも高速対応で無ければならないということはありません。ごく普通のタイプで大丈夫とのことです。



作業の概要
今回の作業は2つに分かれています。

(1)フラッシュメモリの設定を変える

(2)パソコンの仮想メモリの設定変更



作業開始

(1)フラッシュメモリの設定を変える
フラッシュメモリの設定をキャッシュ用に変えます。つまりパソコンのメインメモリの代わりに使用できるようにします。
まずは、USBメモリなどのフラッシュメモリーをパソコンに差し込んだ状態で「マイコンピューター」を開きます。

マイコンピューターを開くと、リムーバブルディスクのアイコンがありますのでそのアイコンの上でマウスを右クリックします。そして右クリックして出てきたメニューの「プロパティ」をクリックします。
リムーバブルディスクアイコン上で右クリック


そうしますと、「リムーバブルディスクのプロパティ」画面が出てきます。「全般」や「自動再生」などのタブが並んでいますが、その中の「ハードウェア」をクリックします。
リムーバブルディスクのプロパティ画面

画面にはハードディスクドライブやフラッシュメモリなどの名前がリストになっています。その中の今回差し込んだフラッシュメモリの名前の所をクリックして「プロパティ」ボタンを押してください。
リムーバブルディスク(ハードウェア)画面



「[ フラッシュメモリの名前 ] のプロパティ」という画面が出てきます。その画面の「ポリシー」タブをクリックします。
deviceのプロパティ画面


「ポリシー」タブをクリックしますと「書き込みキャッシュと安全な取り外し」という画面が出てきます。
○「クイック削除のために最適化する」という選択肢と、
○「パフォーマンスのため最適化する」という二つの選択肢があります。

下の「パフォーマンスのために最適化する」を選んで「OK」を押します。
deviceのポリシー画面


これで1番目の作業は終了です。




(2)パソコンの仮想メモリの設定変更

最後にシステムキャッシュの設定を変更しますね。すぐに終わる作業なのでもう一息です。

先ほど開いておいた「コントロールパネル」のアイコンの中の「システム」
をダブルクリックしてください。「システムのプロパティ」の画面が出てきます。
コントロールパネル・システムアイコン


出てきた画面にはタブが7つほどあります。その中の「詳細設定」タブを押します。
システムのプロパティ[詳細設定]画面

上から3つ項目が並んでいます。その中の一番上にあります「パフォーマンス」のところの「設定」ボタンを押します。
パフォーマンスの欄画像


押しますと「パフォーマンスオプション」という画面が開きます。画面にはタブが3つありますが真ん中の「詳細設定」タブを押します。
パフォーマンスオプションの画面


「プロセッサのスケジュール」、「メモリ使用量」、そして「仮想メモリ」という3つの項目が出てきました。その中の一番下にあります「仮想メモリ」の欄にございます「変更」ボタンを押します。
仮想メモリー変更



「仮想メモリ」の画面が開きました。上の方に一覧表があります。「ドライブ[ボリュームラベル](D)   ページングファイルのサイズ」とタイトルが書かれている欄です。その一覧には「C:」とか「E:」などアルファベットが記載されています。これらは仮想メモリ(キャッシュ)として認識されているドライブの一覧です。ここで設定することは、各ドライブの仮想メモリとして使うサイズです。
仮想メモリ画面・ドライブの表示欄



[C: ローカルディスク] はハードディスクです。もともとはハードディスクが仮想メモリをする場所になっていますが、ここではハードディスクの仮想メモリの大きさをゼロにします。そうすることで、キャッシュ(メインメモリからあふれたデータを保存)する時にフラッシュメモリのほうへ優先的に行くようにします。

「C:   ローカルディスク」というところをクリックします。

画面中ほど「選択したドライブのページングファイルサイズ」の所には3つの選択肢がありますが、一番下の「ページングファイルなし」を選択してください。そしてすぐ脇の「設定」ボタンを押します。これでハードディスクを仮想メモリとして使わないようにしました。
仮想メモリの画面



また画面一番上をご覧ください。
「C:   ローカルディスク」の下にアルファベット1文字でドライブ名が表示されていると思います。環境によって変わると思うのですが、私のパソコンでは「E:」になっています。これがフラッシュメモリのことをあらわしています。この「E:」の所をクリックします。
仮想メモリ・ドライブEをクリックした所


中ほど「選択したドライブのページングファイルサイズ」のところをご覧ください。「開き領域」と表示されていて現在何メガバイト空いているかを表示しています。私のケースでは1912MBと表示されています。
ページングファイルのサイズ表示

今回はこのほぼ最大値を仮想メモリとして使用できるように指定したいと思います。

3つの選択肢の中の一番上「カスタムサイズ」の所を選択します。

カスタムサイズの所にはさらに「初期サイズ」と「最大サイズ」という入力欄があり数字を入力します。ここではほぼ最大サイズの1900を両方に入力しました。ここはフラッシュメモリの空き領域の大きさによって変わりますので、ご自分のフラッシュメモリの最大値を割り当ててみてください。

「初期サイズ」と「最大サイズ」の入力が終わりましたらすぐ脇の「設定」ボタンを押します。

そして「OK」を押します。
仮想メモリの画面2


そうしますと、「再起動するまで設定は有効にならない」旨のメッセージ画面が出ますので「OK」を押して閉じます。

最後に開いている画面を「OK」を押してすべて閉じます。

すべて画面を閉じ終わると「設定を有効にするには再起動する必要があります」というメッセージが現れますので「再起動する」を選択してコンピューターを再起動してください。

これですべての設定が終わりました。お疲れ様でした。


終わりに
今回の作業は仮想メモリとしてハードディスクの変わりに、よりスピードの速いフラッシュメモリを使うようにするためのものでした。
どのくらい速くなるかというのは厳密に測定したものではありません。体感的なものです。
私のパソコン環境ではよりスムーズにパソコンの操作ができるようになったと思います。

ぜひ、お試しください。読んでくださってありがとうございました。
カトウ

FC2blog テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

【2008/07/07 18:17】 | フラッシュメモリでWindowsXPは速くなるのか
トラックバック(0) |


†黒猫†
情報ありがとうございます

かなり役に立ちました^^

Re: タイトルなし
kazushi
> 情報ありがとうございます
>
> かなり役に立ちました^^

コメントありがとうございました。



ふゆうま
参考させて頂きました。ちょこっと体感速度早くなった気がして、サポート終了までXP使い倒そうと思っております。ありがとうございました。

Re: ふゆうま様
kazushi
記事を参考にしていただいてうれしい限りです。作業お疲れ様でした。
コメントまでいただいて本当にありがとうございました。
かずし


クルックル
使用してるパソコンが

内臓メモリ256MB(笑) + winXP というノーパソなんですが、ここで書かれてる通りに1Gのフラッシュメモリを刺したら爆速になりました。

本当に有り難う御座います。

元がしょぼいと変化が凄いですよほんと・・・


クルックル
再びチェックしてみたんですが、爆速はちょっと言いすぎでした(笑)

連続書き込み失礼しました。

Re: タイトルなし
kazushi
クルックル様
コメントありがとうございました。

私も自分のパソコンに試しております。以前より(試す前より)体感速度が速くなった気がいたします。体感速度ですので実際に計測したわけではないのですが、パソコンの動作が一時止まってしまうことがなくなりました。(たくさんのプログラムを開いたとき)

コメント本当にありがとうございました。
kazushi




-
あのー全くの初心者でよくわからないのですが
なぜパソコンのリムーバブル・ストレージを有効にするのですか?
この機能はバックアップとかなんとかのことだとおもってなのですが・・・
教えてください!!!


Re: Re: タイトルなし
kazushi
> > あのー全くの初心者でよくわからないのですが
> > なぜパソコンのリムーバブル・ストレージを有効にするのですか?
> > この機能はバックアップとかなんとかのことだとおもってなのですが・・・
> > 教えてください!!!
>
> ご指摘ありがとうございます。
> 記事の根拠が不明確なため該当箇所の削除を行わせていただきました。
>ご迷惑をおかけいたしまして申しわけありませんでした。
> 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
> 加藤



-
回答ありがとうございました^^


コメントを閉じる▲
レディーブースト(Ready Boost)はウインドウズVistaの機能です。しかし、USBメモリーを使ってキャッシュファイルを書き込むのはVistaだけの専売特許ではありません。ウインドウズXPでもできます。

キャッシュというのは、パソコンに内蔵されているメインメモリーがいっぱいになったときに、現在使っていないデータをとりあえず退避させておく場所のことです。(たしか...違ってたらすみません)

この方法は、リムーバブルディスク(USBメモリー)を差し込んで、マイコンピュータからそのアイコンを右クリックします。プルダウンメニューのプロパティをクリックします。

USB-cash001.gif



そうしますと新しい画面が開きます。リムーバブルディスクのプロパティ画面です。画面上部のタブをハードウェアに切り替えてください。切り替わりましたらお使いのUSBメモリーの名前のところをクリックして、下のプロパティボタンを押します。(私の場合はSanDisk Cruzer Micro USB)

USB-cash002.gif



そうしますと、また新しい画面が開きます。[USBメモリーの名前]Deviceのプロパティ画面です。USBメモリーの名前は、お使いのUSBメモリーによって変わります。私の場合はSanDisk Cruzer Micro USBという名前です。

その画面上部のタブをポリシーに切り替えてください。切り替わりましたら下記のような画面になると思います。この画面がUSBメモリーをキャッシュのために使うかどうか決める画面です。(長々と時間がかかってしまいましてすみませんでした)
この画面の選択肢2つのうち下の選択がキャッシュとして使うためのものです。ラジオボタンをオンにしてOKを押してください。(お疲れ様でした)

USB-cash003.gif



注意する点は、USBメモリーの抜き差しがよりシビアになります。キャッシュとして使っていなかったときには、いきなりUSBメモリーを抜いてもダメージはありませんが、この設定をした後にいきなり抜くとUSBメモリーが壊れます。(データ的なものですが)

必ず、ハードウェアの安全な取り外しをクリックして停止させてから抜いてくださいね。

USB-cash004.gif


【2008/04/05 21:25】 | フラッシュメモリでWindowsXPは速くなるのか
トラックバック(0) |